輪行のススメ


 東京から下関までの自転車旅合計45日間を、私たちは8回にわけて旅をした。1回目は自宅からスタート、20キロを半日かけて走り、神奈川県川崎市の武蔵小杉駅で終了。そこで自転車を少し分解して袋に入れ、電車に乗って最寄り駅まで運び、再び自転車を組み立てて帰宅。2回目は最寄り駅まで自転車で行って、そこから武蔵小杉まで電車、前回のゴールと同じ地点からスタートして、その日は鎌倉まで走った。3回目は鎌倉から2泊3日で静岡県の富士駅まで、という具合に前回のゴールを次回のスタート地点として線をつなげ、下関までたどり着いたのである。

 この自転車を少し分解して小さくし、袋に入れて乗り物に乗るという方法を輪行(りんこう)というが、この方法は帰りのことをまったく気にすることなく思う存分自転車旅を楽しむことができるすばらしい方法だ。ちなみに後半は何度か飛行機に乗ったが、自転車を含め私たちの荷物は2人で40キロ以内だったので、追加料金を払うこともなくちゃんと無事に目的地まで運んでもらえた。
 組み立て時間は10~15分。乗り物に乗って自転車を運び、どこからでも好きな場所から走り始めることができる輪行の旅。オススメ。